奮闘!もち米種まき物語

4月もあと少しで5月に突入です。

みなさんゴールデンウィークはお出かけの予定はありますか?

私たち岸田農園のゴールデンウィークは

稲とメロンの管理で終わっちゃいそうです^^;

これも農家の宿命ですね。

さて4月の岸田農園のメインイベントはなんと言っても、

もち米の種まきです!

種まきが始まり、春が来たと思うぐらい一大イベントです(笑)

もち米の種まきを簡単に説明すると

「種を蒔く部隊」「ポットを並べる部隊」「準備・仕上げ部隊」

3つの部隊で構成されもち米の種まきは進んでいきます。

詳しく知りたい方のために少し説明しますね。

種を蒔く部隊

種を蒔く部隊は専用の種まき機を利用して種を蒔いていきます。

だいたい1時間に500枚程度の種まきができます。

ちなみにこんな手順で種まきの仕事をやっていきます。

①作業としては機械にポットを入れる

②床土を入れる

③種籾を入れる

④防虫殺虫剤を入れる

⑤覆土をかける

⑥完成したポットを積み上げる

永遠この作業です^^;

この作業は3人で行って、

我が家ではこれを約9000枚完成するまで続けるのです。

気が遠くなりそうですが、

案外忙しく気付けば1000枚とか終わってるんですよね^0^

ちょっとした豆知識!

この種まき用のポット。

1枚いくらだと思いますか?

なんと1枚500円もするんですΣ(・□・;)

農業資材高すぎです・・・

丁寧に大事に扱ってます(笑)

ポットを並べる部隊

次に種まきを終えた完成したポットを並べる部隊です。

これは単純にハウス内に並べていく作業です。

これも永遠に同じ作業・・・

これを11棟のハウスで行います。

この作業はポットを並べては踏んで固定させるの繰り返しで

かなり足腰に応えます^^;

1列に左右で7枚程度しか並べられない。

そんな状況で約9000枚のポットを並べるのです。

スクワットを何千回もやっている理屈になりますね。

かなりの重労働・・・

トレーニングと言ってもいいぐらいです(笑)

先行部隊は休む暇なくポットを並べ続けます。

地味にこの先行部隊が一番大変(;´∀`)

準備・仕上げ部隊

こちらは全体の作業が円滑に進むようにする部隊です。

例えば、ポットを並べる前のハウスに水をまいて準備したり、

ポットを並べ終えたハウスでは保温シートをかけたりと仕上げていきます。

種籾の準備などもこの舞台の担当です。

種まきまでに籾から芽を出させるよう管理しているのです。

ここでつまずくと全ての作業がストップしてしまう可能性のある

重要なポジションなんです。

当然、ベテランである父さんがしっかりと守ってくれています^o^

種まきから5日後・・・

芽が出てきました!!

小さいながらも綺麗なグリーンになってきました。

やっぱり芽が出てきた時は嬉しいですね^o^

大きくスクスクと育ってほしいです!

てか、育てます(笑)

田植えまであと3週間。

立派な姿で田んぼにいけるよう、大事に育てていきますね。

最後に。

2017年、岸田農園種まき最強メンバーです!!

思い出にパッシャと(笑)

手伝ってくれた方々、ありがとうございました。