『岸田農園株式会社』

本日は報告がございます。

送れながら申し訳ございません。

公式ホームページやFacebookでは報告致しましたが、

私たち岸田農園は2017年3月30日に個人事業から法人となり、

『岸田農園株式会社』となりました。

法人となった思いとしては

今後の岸田農園としての発展、

岸田農園産の食べ物をあなたへお届けしやすくする為、

さらには地域活性に繋がればという思いでの法人立ち上げとなりました。

我々、岸田農園株式会社は当面のスローガンとして

『Aggressive Challenge ~Afraid Change~』

を目標に邁進していく覚悟です。

農業界の革命時になれるよう頑張っていきます!

応援して下さいね(笑)

~あなたに岸田農園の美味し作物を簡単に安全に届けられるように~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 浅間惣一郎 より:

    公式ブログ見ています メロン苗が伸びすぎてこまっています 3月1日にに種をまいて 6日に発芽しました。温度は20°~25°でした 水分は適量でした 室内でベランダに温室があります 夜間照明はありません 4日~6日のうちに6センチ~7センチ伸びてしまいました どうして伸びるのかわかりません 分かりましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

    • kishidanouen より:

      コメントありがとうございます。
      岸田農園では地温30℃で2日間養生します(新聞紙とビニールで地温の低下を防いでいます)。気温は気にしません。そうしたら2日目の朝、もしくは昼に芽が出てきます。3日目までは地温30℃キープを徹底しております。

      質問の答えになりますが、作物が徒長してしまう原因は3つあります。「光」「水分」「地温」この3つです。特に発芽後の夜温には注意が必要です。夜発芽し、気温が温かいと、一夜で3cmぐらいは余裕で伸びてしまいます。夜温(気温)は20℃ほどまで下げます。北海道ですと勝手に下がってくれるのですが…
      また日中に曇天が続く、過度な水分は徒長の原因になります。
      ここら辺に気を付ければある程度の徒長は抑えられると思います。
      ちなみに、播種後は発芽するまで水やりは禁止です。ですので、種まき後は飽和状態になるまで水を上げて下さい。
      長々なりましたが、参考になれば幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。